光毒性のある精油について

精油の中には光に当たると毒性を発生させる種類があり、これを光毒性と呼びます。
毒性と言ってもガスが発生するようなものではなく肌などに付けて光に当たると肌にシミやかゆみ、発赤を生じさせるというものです。
また光が全て悪いわけではなく光に含まれる紫外線にフロクマリンと呼ばれる成分が反応するためLED照明などの下では特に毒性を発生させません。
この成分を含む精油として代表的なものはミカン科、セリ科、クマツヅラ科の植物精油です。
それぞれの科で有名な精油はミカン科ではベルガモットやレモンやビターオレンジ、セリ科ではアンジェリカ、クマツヅラ科ではバーベナがあります。
特にベルガモットは光毒性が強い精油ですので肌にはつけないよう注意が必要です、どうしても肌につけたい場合にはフロクマリンを除去してある製品を探して手に入れる必要があります。
光毒性の症状が出るまでの時間には数時間から数日まで製品や体質によって大きく差があります、毒性が心配される精油をつけた場合には必ず除去して外出をする必要があります。
また万が一精油により皮膚に赤みや水泡が出来た場合にはすぐに皮膚科に行ってステロイド剤などを処方してもらえば後々シミとなるのを防ぐ事ができます。