妊婦さんの使用での注意点

アロマについて調べていると、よく「通経作用」という言葉を目にします。これは月経を誘発して、月経周期を整える作用のことで、この働きのある精油は生理のリズムや生理前の症状でお悩みの女性には強い味方になりえます。しかし、妊婦さんにとっては出産に影響を及ぼす可能性のある精油であるということになります。少量嗅いだからといってすぐ流産になることはありませんが、どの程度の量までであれば安全であるという実験データはないため、専門家の指導を受けるか使用を避けるのが無難でしょう。安産のお茶として知られるラズベリーリーフにも通経作用があるため、妊娠中期までは飲用を避けるように注意書きのあるものが大半です。通経作用のある精油として代表的なものは、カモミール・ラベンダー・ジャスミン・ペパーミント・フェンネル・ローズマリーなど。よく使われる精油にもこの作用があるのですね。妊婦さんがアロマテラピーを楽しむときは、いつもより少し注意をしてどんな精油が使われているのかチェックをすることが必要になりそうです。妊婦さん専用のブレンドオイルやブレンドティーを用意しているお店もありますから、そういった商品を使うのもいいでしょう。