光毒性について

化粧品や精油などの商品を利用する際に注意が必要となるのが、光毒性のある商品です。光毒性のある商品をお肌に塗った場合、塗布した部分に紫外線が当たった際に、ひどいやけどや炎症を起こしてしまい、結果としてシミやしわなどが皮膚の表面に発生することになります。このような作用が発生する原因となるのが、フロクマリン類の成分となっています。フロクマリン類の成分は、紫外線のエネルギーを蓄積しやすいため、通常よりも強い紫外線のエネルギーをお肌に対して放出することになってしまします。そのため、このようなフロクマリン類の成分の成分が含まれている商品を利用する際には、しっかりとリスクを考慮した上で利用することが重要となります。このような光毒性の有無を判断するためには、利用する商品の注意書きや成分、副作用などをしっかりと精査することが必要となっています。場合によっては、注意書きや副作用にも正確な記載が行われていない商品も存在しています。そのような場合には、自分で成分について調べておくことが賢明となります。誤って日差しの強い日中に利用してしまった場合には、長袖などのしっかりとした防護を行ったり、外出を控えることが重要です。