未分類

精油を携帯する時は、必ずガラス製の容器に入れ替えましょう。プラスチック製のものは使ってはいけません。精油は種類によってはプラスチックを溶かしてしまうのです。特に、柑橘系の精油ではプラスチックは完全に溶けてしまいます。精油は植物の天然成分を高度に凝縮して作られているので、ほとんどの精油は素手で触ることができません。ですから、プラスチックの容器に精油を入れて、それが溶けてしまうと大変なことになります。皮膚に精油が触れると、火傷してしまうこともあるのです。まして、大勢の人前で原液の精油を振り撒くようなことになったら、大変なことになります。ガラス瓶なら変質のおそれはないので、どんな精油であっても必ずガラス瓶で保存しましょう。また、精油は光を浴びると酸化が進んで劣化してしまいます。ガラス瓶は遮光性のものを選び、瓶が直射日光を浴びないように、ポーチ等の中にしまって持ち歩きましょう。揮発しないよう、フタはしっかり閉めておきます。また、極端に高温になる場所でも劣化が進んでしまいます。常温であれば問題ありませんが、閉め切った自動車の中など、極端に高温になる場所には放置しないようにしましょう。自宅以外の場所で持ち歩く時は、常に手元から離さず離さず携帯してください。

精油を使い始めた際に、これってどのくらい使用したほうが良いの?と思うことがあります。
いつまでも使えるように思える精油ですが、実はきちんとした保管方法があるのです。
精油はとてもデリケートなもので、熱や光が影響することによって酸化してしまいます。
また開封して使い始めると空気に触れるので、どんどん酸化していってしまうのです。
直射日光にとても弱いので、透明の瓶でなく青色や茶色の瓶に入っていて、保管する場合は直接日光の当たる場所に置かないようにすることが大切です。
もちろん湿度の高いところや温度の高いところに置いておくのはやめましょう。
また気になる精油の使用期限についてですが、これは開封したら1年以内には使い切るようにしましょう。
精油の種類で柑橘系のものは特に酸化しやすいといわれているので、開封したら半年以内に使い切ることが大切です。
精油の瓶には特に使用期限が書いてはいないので、ついいつまでに使い切ったら良いのか忘れてしまいますが、必ず期限を守るようにしましょう。
忘れないためには瓶に開封した日にちや自分で計算した使用期限を記していくことです。
正しい使い方をすることによって、私達のお肌に効果的に働きかけてくれるのです。

精油は油の一種であることから、肌の潤いや保湿を行うためには欠かせない存在であることが知られています。また、それに加えて、肌が紫外線によって傷んでしまうことを防いでくれたり酸化作用による老化を防いでくれたりする効果まで持っていますので、とても優れた美容液のようなものだと考えて良いでしょう。しかし、この精油はとてもデリケートな素材であることから、その保管方法にはちょっとした配慮が必要になります。この保管方法をしっかりと把握しておかなければ、長く精油を愛用し続けられない可能性もありますので、必ず気をつけるようにしておきましょう。

それでは、実際に精油をどのようにして保管するのかとうことについては、まず専用の容器を用意することから始めなければなりません。精油は酸化から肌を守ってくれる反面、精油自体も酸化に弱いという特性を持っていますのでできるだけ酸素の入らないようにした密閉された容器の中に入れておくことが大切になります。そして、使用する時もできるだけ空気がその容器の中に入らないように気をつけておきましょう。このような配慮を行っておけば、長く鮮度の良い精油を使い続けることができますので覚えておいてください。

精油は、それぞれに特性があります。中には人体には刺激が強すぎるものがあるので、皮膚に塗布する際は、キャリアオイルで薄め、パッチテストをしてアレルギー反応が出ないかきちんと確認してから使用すると良いです。ですが、粘膜には絶対に塗布しないでください。粘膜はとても敏感で且つ吸収が早いです。だから、目や耳に直接入れる行為や目や鼻の粘膜に直接塗布することは絶対にしないでください。目の周りへの塗布も、なるべくならば控えたほうが良いです。日本では医療行為として認められていないアロマテラピーですが、海外では正式に医療行為として認めている国もあります。そのくらい、精油は人体への影響が大きいのです。精油には、それぞれ特徴がありますが特に気を付けなければならないのは、光毒性を持つ精油です。この特性を持つ精油を肌に付けた状態で紫外線に触れると肌にダメージを与えてしまいます。皮膚に痒みやシミが出来ることがあるので注意をしてください。また、人によって精油を使用できない場合があります。肌がデリケートな人や高血圧の人は使用しないほうが良い物があります。また、妊娠中の人も、ホルモンに似たバランスを持つ精油は使用しないでください。

精油を料理に使用しても大丈夫なのかと不安に感じる人もいるかもしれませんが、口に入れても安全な品質のものなら問題ありません。また、普段の料理で馴染みあるものを使用することになるのですが、具体的にはバジルやジンジャー、レモンやオレンジ、ライム、ブラックペッパーなどが挙げられます。これらはスパイスやハーブなどと同じように香付けとして使うことができますし、スパイスやハーブそのものを使うよりも、抗酸化作用や加温作用、抗菌作用などが期待できるというメリットがあります。料理に精油を使う際に気をつけることはその量と種類であり、入れすぎてしまうと大変なのでアロマセラピーで使う時よりも慎重になる必要があります。1滴未満で使用することも多いため、まずは1滴をスプーンに取り、そこから爪楊枝を使って入れるようにするのがオススメです。また、ボトルに付いているキャップを外し、スポイトタイプのキャップに変えることにより、入れすぎてしまうことを防ぐことに繋がります。また、間違って使用できない精油を入れてしまったら大変なので、使用するものだけをキッチンの近くに置いておくと良いでしょう。使用前に香りをチェックする癖をつければさらに安心です。

アロマテラピーが発祥したフランスでは、薬理作用を得るために精油を内服することがありますが、これはあまり一般的に行われていることではありません。少し舐めた程度なら問題ないのですが、子供が5ml瓶の中身を丸ごと飲んでしまったような場合は、すぐに病院に連れて行くことが大切です。精油は基本的に飲むことはできず、その種類によっては5mlで致死量となってしまう場合もあるのです。誤って飲んでしまった場合は、応急処置として大量の水を飲ませると良いとされているのですが、実はこの方法ではあまり効果がないので注意しましょう。なぜなら精油は水に溶けないものであり、どんなに水を飲んでもお腹の中で水の上にまとまって浮かんでいるだけです。そこで濃度を落とすためには、油を溶かす性質のあるものを飲用すると良いのですが、家にありそうなものなら牛乳や植物油などが挙げられます。油を大量に飲むことは難しいため、やはり牛乳を飲むようにすると良いでしょう。ちなみに、誤飲事故は乳幼児ばかりでなく、思春期の子供にも起きる場合があるということです。友達などとふざけて飲んでしまうというケースも考えられるため、分別のつく年頃になるまでは、その保管場所にも気をつける必要があります。

アロマについて調べていると、よく「通経作用」という言葉を目にします。これは月経を誘発して、月経周期を整える作用のことで、この働きのある精油は生理のリズムや生理前の症状でお悩みの女性には強い味方になりえます。しかし、妊婦さんにとっては出産に影響を及ぼす可能性のある精油であるということになります。少量嗅いだからといってすぐ流産になることはありませんが、どの程度の量までであれば安全であるという実験データはないため、専門家の指導を受けるか使用を避けるのが無難でしょう。安産のお茶として知られるラズベリーリーフにも通経作用があるため、妊娠中期までは飲用を避けるように注意書きのあるものが大半です。通経作用のある精油として代表的なものは、カモミール・ラベンダー・ジャスミン・ペパーミント・フェンネル・ローズマリーなど。よく使われる精油にもこの作用があるのですね。妊婦さんがアロマテラピーを楽しむときは、いつもより少し注意をしてどんな精油が使われているのかチェックをすることが必要になりそうです。妊婦さん専用のブレンドオイルやブレンドティーを用意しているお店もありますから、そういった商品を使うのもいいでしょう。

精油の中には光に当たると毒性を発生させる種類があり、これを光毒性と呼びます。
毒性と言ってもガスが発生するようなものではなく肌などに付けて光に当たると肌にシミやかゆみ、発赤を生じさせるというものです。
また光が全て悪いわけではなく光に含まれる紫外線にフロクマリンと呼ばれる成分が反応するためLED照明などの下では特に毒性を発生させません。
この成分を含む精油として代表的なものはミカン科、セリ科、クマツヅラ科の植物精油です。
それぞれの科で有名な精油はミカン科ではベルガモットやレモンやビターオレンジ、セリ科ではアンジェリカ、クマツヅラ科ではバーベナがあります。
特にベルガモットは光毒性が強い精油ですので肌にはつけないよう注意が必要です、どうしても肌につけたい場合にはフロクマリンを除去してある製品を探して手に入れる必要があります。
光毒性の症状が出るまでの時間には数時間から数日まで製品や体質によって大きく差があります、毒性が心配される精油をつけた場合には必ず除去して外出をする必要があります。
また万が一精油により皮膚に赤みや水泡が出来た場合にはすぐに皮膚科に行ってステロイド剤などを処方してもらえば後々シミとなるのを防ぐ事ができます。

化粧品や精油などの商品を利用する際に注意が必要となるのが、光毒性のある商品です。光毒性のある商品をお肌に塗った場合、塗布した部分に紫外線が当たった際に、ひどいやけどや炎症を起こしてしまい、結果としてシミやしわなどが皮膚の表面に発生することになります。このような作用が発生する原因となるのが、フロクマリン類の成分となっています。フロクマリン類の成分は、紫外線のエネルギーを蓄積しやすいため、通常よりも強い紫外線のエネルギーをお肌に対して放出することになってしまします。そのため、このようなフロクマリン類の成分の成分が含まれている商品を利用する際には、しっかりとリスクを考慮した上で利用することが重要となります。このような光毒性の有無を判断するためには、利用する商品の注意書きや成分、副作用などをしっかりと精査することが必要となっています。場合によっては、注意書きや副作用にも正確な記載が行われていない商品も存在しています。そのような場合には、自分で成分について調べておくことが賢明となります。誤って日差しの強い日中に利用してしまった場合には、長袖などのしっかりとした防護を行ったり、外出を控えることが重要です。